2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014.02.01 (Sat)

一心寺寮

(文:Akiko)

当店の近くには、天王寺七坂があります。
日常、運動不足な私にとっては
平地を歩くよりも坂道を歩く方が少しでも体に負荷をかけられるから、
と、散歩する時間が取れる時は、好んで天王寺七坂界隈を歩きます。
七坂のうちの一つ、逢坂に面して一心寺があります。

一心寺さん。
宗派を問わないお寺で、納められた遺骨の10年分をひとまとめにして
お骨佛(遺骨で造る阿弥陀如来像)を造立しておられます。
私のまわりでも田舎のお墓を引き上げて一心寺に納骨している人が増えてきました。
「ひと月に一度は一心寺さんへお参りに来るから・・・」と
その日に合わせてご来店くださるお客様もいらっしゃいます。

正面入口にある鉄とコンクリートでできた斬新な山門、
そのデザインには賛否両論あると聞きましたが
私は古き良きものと近代的なセンスをうまく融合させた感のある
一心寺の山門が大好きです。

お寺の奥にある南門はひっそりとしていて
利用する人は少ないように思いますが、

一心寺 南門



この南門を出て右、
坂を下っていくと一心寺寮があります。

一心寺寮3



坂道のカーブにそうように寮の塀があり、

一心寺寮1



建物も流線型を描いています。

一心寺寮4



昔の蔵の二階窓を思わせるようなものが付いています。
でも形は円くて現代的。

一心寺寮窓



まわりの電線やアンテナがちょっとマイナスポイントかも知れませんが
全面道路のカーブに包み込まれるような一心寺寮のデザインに
何となく心がひかれます。

一心寺寮2


私の技量では上手に写真が撮れません。
是非お散歩がてら寮の前を通ってみてください。
一心寺寮から当店へはゆっくり歩いて15分ほどの距離です。
08:08  |  日常
 | HOME |