2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.02.27 (Mon)

美しいプリーツ

(Akiko)

先日、埼玉県の方からお預かりした研ぎ・修理のハサミ。

IMG_2804.jpg

送られてきた荷物のクッションとして入っていた紙を広げると、
そのプリーツが何だかとても美しかったので、
2年前に見た素敵な映像を思い出しました。

IMG_2801.jpg


当工房(源利平 山東)では東京で舞台衣装のデザインと縫製をしておられる
ある会社のハサミのメンテナンスを承っています。
そちらの会社のフェイスブックページを拝見した時(2年前の話です)、
Diorのドレス・メイキング動画をシェアしておられました。

4分ほどの短い動画ですが、布にプリーツ加工を施す工程の一部が見れたり
「このようなハサミや道具を使ってはるんだ~」と、
Diorのドレス製作現場の様子が伺えて
とても興味深かったです。

■下記の画像をクリック(タップ)すると
  Diorのフェイスブックページをご覧いただけます。
  フェイスブックページが開けない方は、
  このビデオを共同製作した会社のTouTubeページ
  How a Dior Dress is Madeでもご覧いただけます。

dior.jpg

08:32  |  日常

2017.01.30 (Mon)

今日は何の日、テニスの日

昨日は今年初めてのテニス、初打ちの日でした。

若い頃は、元旦から仲間と一緒にテニスをして新年会という流れで過ごした時期もありましたが、
最近はもっぱら健康維持のテニスです。

初打ちの感想は?・・・  それは聞かんといてください。

夕方からはWOWOWで全豪の決勝戦、フェデラーVSナダル。
すごい試合でした。
過去の対戦成績から見てもナダル有利と言われる中、
35歳のフェデラーが随所で信じられないプレーを魅せてくれました。
ナダルファンの方には残念な結果でしたが、故障明けを感じさせない粘りのあるプレーは
好調時のナダルを彷彿させ、今年の復活を印象付ける試合になりました。

錦織君の活躍も期待していますが、まだまだ若いもんには
負けへんで(大阪弁で言ってないと思いますが・・・)と
頑張るベテラン勢にも今年のテニス界を盛り上げてもらいたいです。

IMG_2695.jpg


いやー、テニスって本当に楽しいものですね。
それでは。


08:38  |  遊ぶ

2017.01.01 (Sun)

新年のご挨拶

 WEB色 ブログ挨拶用年賀2017


 1月7日(土)より営業いたします。

  定休日: 日・祝・第2と第4土曜
  営業時間: 9時~18時
  電話: 06-6636-3100
21:38  |  お店案内

2016.12.18 (Sun)

お客様との距離

(Akiko)

源利平(みなもとのとしひら) 事務処理担当の山東明子です。

先月、K様(関東在住の男性)から研ぎ・修理を承りました。
K様には以前にも2度ほど当工房をご利用いただいたことがあります。

今回お預かりしたのは出刃包丁と、木屋の両刃包丁です。

DSCN2052.jpg


小さい方の包丁(木屋)は研ぎと同時に傷んだ柄を交換させていただきました。
身(刃の部分)のサイズに対しては、本来
次の写真に写っている

DSCN2054.jpg

一番上のサイズの柄がバランスよく仕上がりますが、
写真に写っている一番下の大き目の柄が
お預かりした時点でついていたという事もあり、
「使い慣れておられる今までの柄と違和感が無いように」という思いと、
用途が野菜・果物用ではなく「魚の3枚おろし、5枚おろし」と伺ったので
写真のサイズで仕上げました。


一緒にお預かりした大きい方の出刃は
研ぎの時に一度、身(刃の部分)を抜いてなかごに付いているサビを落とし
取り外した水牛柄の中も掃除をして再度もとの柄を取り付けさせていただきました。
早めにサビを取り除いておくことで、柄を長持ちさせることができます。

と、言っても研ぎ・修理作業は私ではなく全て職人の夫が行いました。


私の主な仕事は
 ・店頭での接客
 ・お見積り等、遠方のお客様とのメールのやり取り
 ・電話対応
 ・修理に送られてきた刃物の荷ほどき
 ・ネットからご注文いただいた商品や修理後の刃物の梱包・発送
 ・請求書等書類の発行
 ・経理処理/在庫管理/顧客管理
 などなどです。

当工房に刃物修理を依頼してくださるお客様の業種はさまざまで、
刃物の用途を確認するときに「そのようなお仕事があるとは知らなかった~」と
新たな知識が増えることもあり、今のこの環境を
とても面白いと感じています。

また個人のお客様の趣味や世代もさまざまで
接客というよりは、「人と人のつながり」として楽しませていただいてるところがあります。

メールだけでやり取りするお客様とも、「チョットした何か」 がきっかけとなり
プライベートな話に発展することもあります。
でも、本業のお見積りや事務処理連絡を優先しているため、
パソコンで送れるEメール返信でありながらもプライベートな話題を含むものは、
切手を貼って送る郵便物よりずっと遅くなってしまう事もありますが。。。

いただいたメールを読むのが研ぎ・修理担当の夫と
私の二人だけでは勿体ないと思えるほど
上手な文章を書かれる方もおられ、
面白い短編小説を読むような興味深さを味わうこともあります。
バタバタとした日常の束の間、
お客様とのやりとりに元気をいただいております。

冒頭にご紹介したK様は
昨年の秋、インターネットを検索して包丁の修理を依頼してくださったのが
最初のきっかけです。
何度目かの事務連絡ついでに
「白内障の手術をして・・・」というK様の一文から
「私の母も白内障の手術をしたあと・・・」と、短く家族の事を書いて返信をし、
その後も、事務連絡ついでに数行プライベートな内容を付け加えたメールのやり取りとなり・・・
少しづつ話が展開していき、お目にかかったことが無いにも関わらず
お会いしたことがあるかのような親近感を覚えるまでになりました。
釣りがご趣味のようで、
2度目の研ぎ修理をご利用いただいた後には次のようなメールを頂戴しました。
 (昨年・2015年の11月の話です。)

=====
先ほど出刃二丁無事届きました。
予想にたがわず素晴らしい出来栄えで本当にお願いして良かった。満足です。
有難うございました。

今まで包丁は傷んだら廃棄するしか無い状況でしたが、
こうして修理をお願いすれば包丁は生き返り、
廃棄する必要は全く無いと考え直しました。

我々は素人釣り師でプロの料理人ではないので、
広がりにも限度がありますが、
少なくとも釣り仲間の連中には
今回山東さんにお願いした経緯を話し、
その出来栄えの素晴らしさ、パフォーマンスの高さを
教えてやりたいと思っています。

白内障手術後の復帰第一戦は11月17日(火曜)に決まり、
既に予約を入れました。
外房は大原港の釣り船が小生の定宿ですが、
現在ヒラメ釣り真っ盛りで、これから寒くなるに従い
3キロ以上の大型が顔を見せ始めます。

今回のお礼も兼ねて出来れば一枚お送りしたいと思ってますが、
釣り師の約束はカラ手形が多いので当てにせずお待ちください。

重ねて御礼申し上げます。有難うございました。


=====
 そして、年が明けてしばらくして、忘れかけていた3月のある日
 次のようなメールをいただきました。

=====
ご無沙汰しています。その後も商売繁盛、お忙しい毎日と存じます。
過日はお世話になりました。
研いで戴いた包丁はその後も大切に使わせて戴いており、
いまだに切れ味はシャープで錆もありません。

ところで、以下メールで以前お約束したヒラメの件、
大変時間が掛かってしまい申し訳ありませんでしたが、
本日漸くお約束を果たすことが出来ました。
自然相手の遊びの為、中々釣り人の思うようにはさせてくれませんでしたが、
本日春爛漫の房総沖に釣行が叶い、取って参りました。

=====
 とのことで、
メールをいただいた翌日、届いたクール宅急便を開けると
証明書とともに見事な天然のヒラメが入っていました。

証明書

包丁だけは各種揃っているので、素人ながらに夫が捌いて
近所に住む親せきも集まって皆でワイワイ楽しく・美味しくいただきました。

ひらめ

その後・・・ 今年(2016年)の秋、

このブログ記事、冒頭にある2本の包丁を研ぎにお送りいただき、
現物を確認したうえでお見積りのメール連絡をした時には

=====
ご連絡拝受。お忙しい中確認作業を頂きありがとうございました。
 ・
 ・
(中略)
 ・
 ・
また、外房では【どてら流し(横流し)】という、独特の船の流し方をするのですが、
所謂どてっぱら(船の横側)に風を当てて、その風の力で船を押し流します。
風が弱ければ船は流れず、狭い範囲しかポイントを探れませんが、
風が強くなればなるほど船は良く流れ広範囲のポイントを探ることが出来ます。

大阪方面ではほとんど見かけない釣法なのですが、
これが結構釣果を大きく左右する要因なんですね。

年明け以降の海上(特に早朝)は半端なく寒いうえに真っ暗で、
指先は縮こまり糸も容易には結べません。
一般の方から見れば、こんな環境で釣りをして楽しいの?と思うのが当たり前ですが、
極寒の暗闇の中じっと対峙してた竿先に【ガツガツガツ】という当たりが来ると、すべてを忘れます。
ほんとアホですよね。でもやめられません(笑)。

=====
 と、いうように私達の知らない釣りの世界を教えていただいたり。。。
 修理後の包丁をお返しした際には

=====
昨日包丁二本間違いなく受領致しました。
出来栄えも拝見。実に素晴らしい。完璧です。特に柄の修理をお願いした木屋は
まるで新品のようで、あんな古い包丁が蘇りました。このまま小生の釣り具棚に
飾っておきたいほどですが、使ってやるのが一番なので大事に使わせていただきま
す。作業を頂いた山東さんに感謝です。


=====
 との事で、

=====
これで何を一番に捌くかが問題です。
やはりヒラメか或いは鯛か、
はたまた現在当地(三浦半島沖)で釣れてる
ブリ級のワラサか(今年の魚は6キロあるのであと1キロでブリです)
悩ましいところです。


=====
 ともおっしゃっていました。

 そして直近のメールでは

=====
ところで、先日外房でマハタを釣ってまいりまして、
あまり大きくはありませんでしたが、二キロ程度の食べ頃サイズ。
一晩氷詰めにし寝かせた後、翌日捌きましたが、困ったことが・・・。

先日修理をしていただいた木屋を開けて、さあ捌こうかと思いましたが、
目がくらむような包丁の輝きに
 【いや、待てよ。これはもっと超高級魚を捌くときに・・・・】と、
再度包んで引き出しの中に。

ならば、前回山東さんにいただいた包丁でやるか、と考え、
大事にしまってあった箱を引っ張り出し、
包丁を取り出し切っ先のカバーをはずしましたが、
これまた余りの包丁の輝きに、
【いや、いや、待てよ・・・】となってしまい、
結局現在自宅で使ってる万能包丁(出刃よりも薄めの包丁)を
自分で研いで、それで捌きました。

いや~、直していただいてVery Happyなのですが、
包丁が綺麗過ぎてなかなか第一刀を下ろす勇気が出ず、
困ったことになりました。
世の中各人各様いろんな悩みがありますが、
こんな悩みを持つユーザーもいるんだということを、
一応お伝えしておきます(笑)。

そん所そこらの雑魚では役不足で、
上記包丁達にふさわしい魚を釣るまでは使えないという、
妙な状況に陥りました。しばらく思案が続きそうです。

=====
 との事。
 そこで、こちらから

=====
当方で行う研ぎの仕上げ方は、鏡面仕上げではなく、
実用性重視で道具としてお使いいただく用に仕上げておりますので
どうぞお気遣いなくご使用いただけましたら幸いです。
錆びたり、欠けたり、切れ味が悪くなった時は、
またいつでも修理を承ります。

=====
 とお返事させていただきました。

お客様との距離が近くなって嬉しい反面、
本末転倒な事態が起こることもあるのだなぁと、クスッっと笑ってしいまいました。

道具を大切にしていただけるのは嬉しい事ですが
他の皆さまも、お気になさらずお使いいただいて、
また修理の依頼をいただけましたら幸いです。

 源利平 山東(みなもとのとしひら さんとう)
 問い合わせ: 06-6636-3100
 定休日はホームページをご参照ください。
 http://www.hamono310.com/
15:07  |  刃物研ぎ・修理

2016.10.14 (Fri)

天然の仕上げ砥石

10月14日は「砥石の日」という事なので・・・砥石の話を。

私が仕事を始めたころ、もう30数年前になりますが・・・
先代と京都へ天然の仕上げ砥石を買いに行ったことがありました。

ちょっと記憶が曖昧ですが、阪急の嵐山からタクシーに乗り20~30分くらいだったか、
山道をどんどんと進むと、えっ此処?という感じの古い民家の前でタクシーを降り
先代に続いて中に入ると、そこが砥石屋さんでした。

砥石の事などまったく分かっていなかった青年(私の事ですが)は、先代と店主が話す
内容もほとんど理解できず、その時にした事といえば水を張った大きな桶の横で砥石の面を直し、
先代に見せ、店主のうんちくを聞いた記憶ぐらいしか無く、
古めかしい店内で砥石のにおいだけが今も印象に残っています。

数日後、その時に買った砥石が送られてきました。
それとは別にその日に持ち帰った砥石もありました。
先代はその中から1本取り出し
「何年先になるかわからんけど、自分でそろそろこの砥石を使ってもええかな。
と思える時が来たら、おろして使え」と言って私にくれました。

それから今日まで、何本も天然の仕上げ砥石を使いましたが、
もうそろそろ使っても良い時期かと自分で判断し、先日おろす事にしました。

天然砥石


この「正本山」の使い心地はとても良いのですが、今まで使っていた「巣板」も
少し硬めのあたりがあり気に入ってるので、今後も併用して使って行こうと思います。
20:51  |  道具

2016.10.05 (Wed)

革裁ち包丁(特注品)

ネットショッピングのページに掲載している革裁ち包丁は

幅18mm~60mm ですが、規格外のご要望も承っております。
 (特注品の納期は場合により2か月ほど頂戴することがあります。)

今回納品した品は 幅75mmです。

IMG_1242.jpg

「テフロン製(ブロンズ入)のテープをカットするのに使用します。
 包丁の幅をフルに使ったり、厚みのあるもの(10mm程度)を切ったりもします。」
とのことでした。

標準的なサイズ(幅30mm)の刃と比べると、その大きさがよくわかります。
IMG_1249.jpg



=====
また、別のお客様からは、革細工に使用する道具で
平目打ち12mm幅(下の写真の右側3丁、黒い工具・他店でご購入品)を研いで欲しいと
依頼をいただきましたが、こちらは安価で、もともとの鋼材が柔らかい為
研いでも新品時以上に良くならないことをお伝えすると

「では、12mm幅の平目打ちに変わる刃物を
 革裁ち包丁の材料(青二鋼)で作って欲しい」
というご注文を承り
青二鋼の鋼材を加工してヤスリ用の柄をつけて納品しました。
(下の写真の左側2丁、木のハンドルの刃物)
IMG_1240.jpg

納品後、1か月ほどして
「刃物はとてもいい感じです。ありがとうございます。大事に使おうと思います。」
とご連絡をいただきました。


IMG_1248.jpg

幅60mmまでの革裁ち包丁の身(刃)は常時在庫がございますが
柄や刃をつけていない状態ですので
直接ご来店いただいてもその日にお持ち帰りいただけません。

遠方からお越しのお客様は2営業日前までに
事前にお電話・メール・FAXにてご注文ください。
宜しくお願いいたします。

  源利平 山東(ミナモトノトシヒラ サントウ)
  http://www.hamono310.com/
17:12  |  商品案内

2016.09.05 (Mon)

お盆休み明け

(Akiko)

毎年8/15日はお盆休みにしている当店。
今年は休み前に受けている仕事の関係で
ちょっと短めに8/14日までのお休みにしました。

そうすると
「前から(当店が)気になってたけど、自分の休みと合わなくて来れなかった」
という方が8/15日、ご自身のお盆休みにご来店くださったりと、
また新たなお客様とのご縁も生まれました。

兵庫県からご主人と息子さんと一緒にお越しくださった K様 も
8/15日が初来店でした。

K様からは下の写真、右端にあるハサミ1丁を研ぎにお預かりしました。
 (写真は研ぎ・修理後に撮影しました)
IMG_1750.jpg

研ぎに預けると同時に新品のハサミを購入したいとのこと。
当初は写真右から2番目の「裁ちばさみ240mm」の購入を
ご希望になられましたが、そでれは今回お預かりする
裁ちばさみと使い勝手が同じになってしまうので。。。

用途やご要望をお伺いしながら実際に店頭の色々なハサミで
試し切りをしていただきながらご提案した結果
用途の違う

 ■写真左端: 博多ばさみ150mm細口(直刃)
と、
 ■写真左から2番目: 細工ばさみ210mm
と、
 ■握りばさみ
をご購入いただきました。

今回は同行の息子さん((20代?)がお代金を支払ってプレゼントしてくださるとのこと。

「こちらのお店も息子さんがネットで検索して見つけてくださったのですか?」
とK様に質問すると

「お店は主人がみつけてくれました」
とのこと。
ご家族皆さんの笑顔がとても素敵でした。

何十年ぶりかで
ジュリア・ロバーツが出ていた映画のワンシーンを思い出しました。

バスに乗って、停車中の窓越しに外を眺めるジュリア
その視線の先に小さな女の子とその両親の楽しそうな姿が映る

「何が見える?」と隣に座る友人(?)に聞かれて
「幸せが見える」と答えたジュリア

25年ほど前に見た映画のワンシーンで
それが「プリティ・ウーマン」だったのか
または別のB級映画だったのか、
タイトルすら覚えてなくて、
ジュリア・ロバーツの役どころも、その設定も
覚えてなくて、上記の描写は微妙に違うかもしれないけれど
「幸せが見える」というセリフが心に残っています。

今回8/15日に接客したK様ご家族の様子に
何だか心が温まりこちらまで幸せな気持ちになりました。

後日、お預かりのハサミ(修理品)を返送した後に
メールをいただきました。

=====
こんにちは。
先日ハサミの修理をお願いしておりました K です。
先ほど届きましたのでご連絡させていただきます。

20年あまり使ってきたハサミが見違えるように綺麗になっていて
とてもうれしいです。
切れ味もとても良く今後も大切に使って行きたいと思います。

そして先日購入させていただいたハサミたちも
みんなそれぞれ良い仕事をしてくれています。

また修理をお願いすることもあるかと思いますので
今後共よろしくお願いします。
この度はお世話になりましてありがとうございました。

=====

とのこと。
お客様のお声をいただける事が
個人商店を営む者にとって何より嬉しいことで
今後の励みにもなります。

1日短いお盆休みにして良かった~♪
と思える出来事でした。
08:34  |  日常

2016.08.06 (Sat)

お盆休みのお知らせ2016

誠に勝手ながら

 2016年8月11日(木)~8月14日(日)

全ての業務をお休みさせていただきます。

その間にいただいたお問合せやメールは
8月15日(月)以降に順次ご返答申し上げます。

         源利平 山東
         TEL:06-6636-3100
         定休日: 日・祝・第2と第4土曜日
         営業時間:9:00~18:00
21:20  |  お店案内

2016.07.30 (Sat)

かき氷機(初雪)の替え刃 研ぎ・修理

(Akiko)

かき氷

先日、本屋さんで思わず手に取ってパラパラっとめくってみた本

 「一日一氷 365日のかき氷」

日本全国の美味しそうなかき氷の写真がいっぱい載っていて
何とも涼やかな気持ちになりました。

中にはネットを通じて当工房に
「かき氷機の刃」の研ぎを依頼してくださったお客様も掲載されていて
お目にかかったことのないお客様を身近に感じました。

かき氷機の刃の研磨依頼で多いのが
「かき氷機 初雪 替刃 HF-800」 です。

IMG_1282.jpg



新品の刃はサビが出にくい加工を施されていますが
一度研磨したあとは錆びやすくなり、
長期間放置するとサビの浸食がすすむこともあります。

■研ぎ修理 ビフォー
IMG_1288.jpg



一旦深く入り込んだサビは、研ぎをして落としても黒い斑点となってサビの巣が残ります。

■研ぎ修理 アフター
IMG_1301.jpg


今回は、仕上がった刃先にサビの巣が出ませんでしたが
このサビの巣が刃先出ると、小さな刃こぼれを起こした状態になります。


かき氷機の替刃に限らず、ハガネ製の刃物は
研磨し終えてすぐは特に錆びやすい状態になります。
できれば湿気の少ないところで刃を空気に触れさせて
表面を酸化させてから使用すると、
少しはサビに強く(錆びにくい状態に)なります。

刃物のお手入れ等、お困りのことがありましたら
お気軽にお問合せください。

  源利平 山東(みなもとのとしひら さんとう)
  www.hamono310.com
08:15  |  刃物研ぎ・修理

2016.06.27 (Mon)

タブレットデビューしました。

少し前になりますが・・・タブレットデビューしました。
機種は「ASUS  ZenPad8.0」

 aDSCN1808.jpg

昨年、スマホに乗り換えるかどうか迷い、携帯ショップを行脚。
色々話を聞いてみても、自分に合ったプランが無く・・・。

●自営業なので通勤や移動時間がほとんど無く、あまり外で電話や通信をしない。
●家では仕事用と別にプライベート用PCをWIFIで使っている。
●携帯はガラケーの為、安い料金プランがあればと考えている。

実際にショップでスマホの画面を見てみると、小さな文字は見にくいし
月々かかる費用も高い!日常生活の中での使用頻度を考えてみると・・・
スマホに変えるプランは無しという事に。

そこで、自分にもっとも適したプランは・・・
電話はガラケーを今までどおり使い
インターネットをタブレットでというパターンに決定。

SIMフリーの端末で、OCNモバイルを月3Gで契約。これだと
月々の費用も抑えられるし、休日など外に出た時にも色々と調べ物が出来るし。
初期費用としてタブレットの端末費はかかりましたが、大正解でした。
※使い初めて半年以上たちましたが、月3Gのプランでも十分すぎるくらいです。
13:05  |  日常
 | HOME |  次のページ